収益UPが期待できる投資物件のアパートを利用しよう

男性

業者に依頼してしまおう

婦人

賃貸物件を持っている時に悩むのが、賃貸管理をどうするかという点です。費用を払って業者に依頼する場合と、手数料を払う必要はないけれど、自分で考えて対応しなければいけない場合、どちらが良いのかをしっかりと考える必要があります。

もっと見る

不動産投資のポイント

集合住宅

マンション経営を行うなら、借り手がすぐにみつかるような人気の高い物件を探すことがポイントとなります。また、何十年後経っても安定した家賃収入ができるようなマンションなら安心して経営することができるでしょう。

もっと見る

初心者にできる不動産投資

女性

周辺のリサーチが重要です

不動産投資を成功させるには収益の上げやすい投資物件を探すことが重要です。物件を探す前に、投資物件の種類を決めておく必要があります。アパートにするかマンションにするかを決めるのです。資金に余裕がなく、自分で管理をしたい人はアパート経営が適しています。土地を持っている人がアパートを建てる場合は、周辺のリサーチをします。賃貸アパートが多いエリアなら成功する確率が高くなります。リサーチで大切なことは周辺で最も経営が安定していて、入居率が良い物件を探すことです。その家賃を基準にして、自分のアパートの家賃を少し低めに設定するのです。また投資物件として中古のアパートを探す場合は、外観と間取りが勝負になります。アパートを利用するのは若者が多く、特に外観で入居を決めるケースが目立つのです。

初期投資額が少くて有利

マンション経営は戸数が多いので、入居者を確保できれば毎月の家賃収入は大きくなります。その点は戸数が少ないアパートは不利ですが、オーナー自身で管理できるというメリットがあります。マンションなどは戸数が多いので専門の管理会社に委託することになりますが、その委託費用がバカにならないのです。投資物件としてみた場合も中古アパートの値段は中古マンションと比較にならないぐらい安いので、初期投資が少なくてすみます。初期投資が少ないと収益率が高くなるメリットがあります。この点が不動産投資の初心者に向いているのです。またアパートの場合は簡単にリフォームすることができるので、入居者を増やすために間取りの変更などがしやすいというメリットもあります。リフォームすると入居率を高めることができます。

効率的な不動産投資

マンション

マンション投資を行う場合にはマンションを丸ごと購入することでマンション経営をしやすくすることができるというメリットがあります。マンション投資のリスクである空室が発生した場合でも、マンション全体の収入でカバーできるので安心です。

もっと見る